2005年01月10日

HERO   〜ヒーロー〜

全く正月と関係ありませんが、
かなり前に、HEROを見ました。
だから、書いたのも結構前なんですが、
最近、書くのが面倒なので
あたかも、最近書いたかの如く載せちゃいます。
どこまで、面倒臭がり屋なんだって感じですが。

中国の始皇帝暗殺計画を描いたものですね。
映画好きの人から言わせると、呼び込みとの差が激しく、駄作との評ですが。
ただ、俺は映画の良否は別として、話には大変感心しました。

ストーリーを手短に書くと、
主人公は、晋の出身で滅ぼされた怨恨から暗殺を企てます。
始皇帝の住居に潜入することに成功し、御前まで辿り付きます。
暗殺しようと思えば、可能な距離にまで近づくことができたんですが、
結局、暗殺せず、天我(漢字が違うかも天下かな?)という理を説き、去り際に処刑されてしまいます。

結局、私情により始皇帝を暗殺しても、第二の始皇帝を目指し争いが生まれます。そのことにより、自分のような新たな犠牲者が生まれます。
もし、大局的な(天)見地からすれば、殺すべきでないという帰結が生まれます。

全体主義は、個人という考え方を否定します。
あくまで、全体の一部と捉えられます。
血も涙もない考えとも受け取れますね。
ただ、見方を変えれば、自分を遠くから見ることができる考え方だとも思えます。
地球の外あたりから、光学望遠鏡で覗くような感覚。
自分を俯瞰して見る考え方はとても重要だと思います。
ただ石を削っている男と、自分がサグラダファミリアのような世界の一部を作っていることを認識しているのでは、仕事振りや気持ちは異なるでしょう。
だとすると、自分たちは死ぬ気で頑張らなきゃならなければとも思えます。
三国志でいえば、諸葛亮孔明が馬謖を街亭山の戦いで起用しなければ、蜀が建国されていたかもしれません。
一つの行動(ミス)で、世界が大きく変わるのも事実です。
石大工の話でいえば、手抜きにより建物の崩壊など。

こう言われると、明日のプレゼンを戦々恐々に感じてしまうかもしれません。
でも、全体ないし世界は、個人の努力の単純の総和ではありません。
だから、自分の行動が常に凄い重大な意味を持つわけではないのです。
彼(HEROの主人公)は、歴史の鍵が自分の手の中にあるときに適切な行動をしたから、賞賛されるべきものでしょう。でも、鍵はいつでも誰の手にもあるわけではないということです。
だからといって、何事も適当にするのとは違います。
過ちを犯したとしても、それに執心する必要はないということです。
この俯瞰的な考えを持っていることが、肩の荷を軽くしたり、悩みの解決になるんじゃないでしょうか。
毎日、くだらない鉄筋コンクリートを組み立てていると思えてしまうかもしれませんが、それができることによりどういう変化がもたらされるかを知れば、自分なりの答えを見つけることができるでしょう。なかには、お金のため名誉のため、それもありでしょう。
自分がしていることの意味がわからないときなどは、鳥瞰図のように自分がいる位置を切り取れば、自分を見つけることができると思います。

こんな考え方ができる、中国はやはり大きいんでしょう。
もし、鍵が既にある人やこれから手にすることがある人は、彼のように適切な行動をして欲しいものです。

ちなみに、自分は、元旦にサーフィンをしに行きました。
久しぶりに相当波があったので、海水をしこたま飲みました。
一生の目標にサーフィンを極めるも入ってますが、依然として難題のようです。
まあ、俺の引出しには今のところ鍵は入っていないようです。
posted by shunsuke at 23:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。