2005年04月19日

modesty (自己批判と他人批判)

日本の伝統的な美徳観

謙譲語は、自分がへりくだり相手を立てることにより敬う言葉。
自分が一歩下がることで、相手を相対的に上位に見立てる。

この観念は様様な表現の底流になっていると思う。
例えば日本人独特の曖昧な表現と揶揄されるのが、
「そう思わなくもなくもない」
相手に直接意思をぶつけることで相手の感情を害さない為に、
遠まわしにすることで相手に対する配慮を表現に込めてる。
この面倒なくらい複雑な表現には、
私は相手をそれほど大切に思っていますよという暗黙の了解がある。
丁寧な言葉を単に使うのではなく、
このようなおどろおどろしく複雑な表現を使う理由は、
日本人が自己批判を判断基準にしていることに求められる。


例えば、最近でこそ村上春樹のような一人称で語られることが多くなったが、近代小説の多くは三人称で語られている。
一つの考えは、読者の理解に対して影響力を否応なしに与える。
対象を材料とのみ認識することからの各々の純粋な理解を妨げることになる。
同じ発言であったとしても、首相の発言と一学生の発言とでは、受ける印象も大きく異なるだろう。
多くの作者は、自分の考えとして述べるのはおこがましいと考え、
このような形を取ったのではないか。
また、無私に徹することで、
読者の理解に対する配慮をした。
自己批判とは、自分と自分との関係性であり、
他人批判は、自分と他人との関係性である。
自己批判における理解を促すにはできる限り無私である必要があった。
そうすることで、読者は自分の思考と対峙する機会を得ることができた。
その過程は、対象からの自己の思考に基ずく理解を自分の思考に受け入れ、内包しながらその存在を否定することにより、
否定し得ない又は思考の改善の帰着を導くことにより思考の確立を図った。
ただ、この対象は材料といえども、まったく他人の考えが入っていないわけではない。
他人によって作られたものである限り、主観的な見解は示されているに違いない。
人参であれば、普段料理に使う部分のみ切り分ける。
その行為に自発的に疑問を投げかける。
実は、皮の部分も使え、身には含まれない栄養素が入っていたり、ビタミンが豊富だったりと。


一方で、他人批判における理解は、相手が必要である。
相手の思考があり、自分の思考をぶつける。
そこから生じる衝突を糧に新たな思考の形成を行う。
こうした過程を経て存在する思考は非常に強いエネルギーを備えていることが容易に理解できる。
理にかなったものは受け入れ、矛盾したものは捨て去る。
他人批判は、ヘーゲルの弁証法などの近代合理主義が底流にある。
このような思想は、この時代における目まぐるしい変化にある。
産業革命などによる社会構造の変化、市民革命による新たな国家の形成(伊、独)、アジア、アフリカなどへの経済的進出、それに伴う衝突である戦争と。
衝突や変化の累々の山を築き、それを乗り越えるためにこのような合理的な思考特性が生まれた。

では、なぜ日本人の自己批判的な思考を形成するに至ったか。
それは、変化を迫る事件が何も起こらなかったからだろう。
米軍による占領を除いて、日本の本土が異民族に支配された経験はない。
長い鎖国制度により、感性の領域も限定された。
さらに、特に江戸時代では政権を公儀と呼び、政権の考えが社会通念上の考えとされた。そのため、自己の思考は自分の内なるものでしかなかった。この部分は封建的な思考と呼びうるかもしれない。
御恩と奉公といった点からも伺われる。支配者層である武士を組織化するため、感情を封じ込めるシステムを導入している。ただし、これは何も日本に限ったことではない。官僚制など他にも類を見る。
ただ、日本はそのままつい60年前まで、きてしまったが為に過ちを犯した。

自己批判は時代感覚とかけ離れたがために形成された部分もある。
しかし、実は高い時代感覚を有している場合もある。
新しい思考に至らないので、発展しないようにも感じられる。
しかし、自問自答を繰り返すことにより常に懐疑的な態度は、慢心を排除し、盲点を探すのに適している。
この盲点は、時代や環境の変化により異なるだろう。
一方で、他人批判は、ひとたび衝突を経て形成された思考の存在に疑問を投げかけることはない。
なぜなら、対立する対象がその時点では存在しないからだ。
また、対立関係にあるものを捕らえるにも時間を要する。
他人批判は衝突を経ないと新しい次元に至らない。
時代変化は人間の想像をはるかに越えている。
トヨタ式改善とフォードの失墜が好例である。
常に組織体制に疑問を投げかける姿勢と、合理的だと確信した組織体制
の時代変化の不合理性を信じて疑わない姿勢。
しかし、ITとサービスの融合などは、あきらかにアメリカの方が早く発展している。
これは、他人批判の効能といえるかもしれない。

上記のとおり、この二つの考え方は、一長一短である。
でも、実は今自己批判的な思考が必要とされているときだと思う。
中国、韓国の反日感情の高まりは近年稀に見る規模のものだ。
これに対して、他人批判的な思考に基づいて行動した場合。
報復には報復といった形で報復の連鎖を招くことになる。
ここで沈黙することで自己批判を行うべきだ。
そうすることで、相手に対しても自己懐疑の機会を与えることになる。
ここでいう沈黙は対話を拒絶するということではない。
関連する行為全般に対してのみ沈黙すべきだ。
沈黙は金雄弁は銀どころか、投石を招くことになる。
中国に謝罪を求めても、謝罪をしたことになってしまう。
求めるのでなく、引き出すために日本に非がない状態を保つために
自己批判的な態度が求められるのではないだろうか。
posted by shunsuke at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

沖縄日誌〜愉快な人達1〜

アデイという宿に泊まったんですが、
そこにいた人たちのキャラが面白かったのでログします。

宿は、外見は異様な建物です。
最初は保育園だと思ってました。
確実に、交差点の角にあるのも手伝い浮いていました。
中は意外に雰囲気がよく、洒落た作りにはなってます。
アデイ専属のデザイナーがいるみたいですが、結局よくわかりませんでした。
かなり安上がりっぽく、あの雰囲気なら費用対効果は相当なものです。
ただ、低いしきりがありますが、雑魚寝です。
そして、夜は寒くうるさく、相当眠れませんでした。
一階が男で、二階が女、三回が事務所で、地下がクラブ。
外見とは大違いで、粋な機能も持ってました。
旅行中、近くの高校生が卒業パーティーを開いてました。
女の子が多く男は数人で、二階が着替えにあてがわれていました。
とても高校生とは思えないくらい大人目で美人なコがとてもたくさんいて、
ビックリこきました。
沖縄美女伝説は健在です。
残念ながらお知り合いになる機会はありませんでした。
1、2週間くらいいれば、宿にしょっちゅう遊びに来てるみたいでチャンスもありそうでしたが。
残念。
そして、二夜ほど宿の人達と飲みましたが、
一銭もお金を払っていません。
誰かが痛みを受けたはずですが、
一泊1500円で元を取ってるかもしれない。
経営管理どうなってるの?みたいなそんな宿です。
でも、かなり儲かってるみたいですが。

オーナー
最初の宿泊手続きの応対したのがオーナー。
しかし、それ以後一度しか見ていない。
二日目あたりに、目を覚ましたらコップを拭いていた姿。そして、二度寝した自分。
レンタカー会社の人並みの愛想のなさだった。でも、なんか威厳が漂っていた。
この人がオーナーと知ったのは、飲み会のときで他の人から聞いた。
でも、目撃回数からいまだに信じがたい。

コック
そして、オーナーの代わりにいつもカウンターの中にいたのが、元船のコックのおっさん。
小錦をほんの少し小さくした感じの人。
昔、鮫に噛まれたらしく足が悪い。
友人を助けるために鮫のいる中に突っ込んでいったと言ってた人もいたが、
実は、パナマ運河かどこかでジェットボートで遊んでいて噛まれたのが真相だった。
他にも、船の上で奥さんと結婚したが
陸に着く間もなく亡くなられたので籍だけ入れたというロマンチックな話もあった。
しかし、話し手が嘘をついている可能性もあり何とも言えない。
でも、料理の腕はピカイチだった。
鳥の皮とニラの味噌汁がうまかった。ちょっと油大目だったが。
そして、さらに不思議なことに
この人はいつもカウンターの中にいるのに、従業員兼客だった。
宿の手伝いをしている代わりにお金を貰っているみたいだが、
元々はただの客だったみたいだ。
だから、寝るのは俺たちと同じ広間。
一夜、彼の独演場となり話を聞いていたら、
女の話も出てきました。近くの飲み屋のママとの話や
高校生の打ち上げを手伝った際、女子高生とみたいな話もこれ見よがしに喋りました。
軽く犯罪です。
40後半か、50前半のような気もするし。
あまりにも途中から武勇伝化したので、寝てしまいました。
すいませんでした。目の前に座っていたのに。

ヒゲ
この宿はおっさんが多い。
5人はオーナー含めていた。
どうやら彼らだけは地元沖縄出身者で友達同士で、宿や飲食店を経営しているみたいだ。
このおっさんは、相当羽振りがよさそうだった。
飲みの主役はほぼこの人だった。
ただ、俺の人生史上No1のセクハラオヤジだった。
男論を暑く語った。
自分が好きなことをやって、楽しくさらに成功している姿は説得力がある。
何より楽しいことをやるっていうのは魅力的だった。
ただ、突然隣の子分?(彼専属の従業員)に
「おまえの腕折っていいか?」という問いやセクハラ発言は、
新潟から来たOLの女の子をビビらせていた。
がたいはコックを引き締めた感じで、暴れたらかなりやばいことになるのは想像につく。
仲間のおっさんに、
「おまえの足を折るぞ」と言っていた。
ただ、女子高生のパーティーのDJをやっているみたいで、途中で退散していた。
そして、俺たちが飲むためのお酒やお菓子を、
女子高生が買ってきたものからこっそり頂くように、
子分に有無を言わさぬ指示をしていた。
俺たちにとってはいい人だったが、女子高生達にとっては悪い人だったに違いない。
俺の記憶では、結構酒があった気がする。
正直、この宿に女の子が泊まることはお勧めしません。
たぶん、このおっさんをどうにかするのは誰もできなさそうです。
まあ、おもろいし、どちらかといえばいい人なんですが。

ユカさん
最初は、男の人かと思ったんですよね。
夕方帰ってくると、カウンターにいつも座っていました。
アディダスのパンツにパーカーをいつも着てました。
アデイに来たのは、一年くらい前?みたいでした。
かなりいい人で、親切にして貰いました。
チュッパチャップスを舐めていたら、
「それ好きなの?一杯あるから持ってきてあげるよ。」
と、どこからか数個持ってきてくれました。
その後で、ヒゲが、
「おまえ、それパクったんじゃないだろな」との発言で理解しました。
宿の備品だったみたいです。俺のですといいましたが。
でも、あんたも同じやねんみたいな。
セクハラ親父の受け流し方も見事でした。
ただ、俺にパンツの中に代わりに手を入れてあげては相当焦りました。
火の粉はかかりませんでしたが。
一瞬、体中を悪寒が走りました。
出身は静岡県の富士で、前はバイトをしていて、居着いたみたいでした。
「普段何やってるんですか」と質問したら、
「私プータロだから、よくわかんないから聞かないで」と言われ、困っちゃいました。
彼女にとっての安全基地は、ここなのかなと思いました。

ゆすけさん。
福島出身の人で、色白でかなりほっそりしてる。
いつも、白い上下のジャージで、金髪でB系みたいな感じでした。
一応、ヒゲの下で働いているみたいでした。
もう一人の、お笑い芸人みたいな兄ちゃんと二人が子分みたいに働かされていました。
正直、お笑い芸人の兄ちゃんは、理解不能な境地の人間で、ヒゲに苛められまくっていました。
内情は、ほとんどゆすけさんから得ましたが、
ほとんどの話が嘘か本当か定かではありません。
かなりおもしろい人でした。
まあ違った意味で、お笑い芸人もおもろかったんですが。

会話例1
ユウ「俺らはいつも友達んち行くときはスノーモービルだよ。」
会話例2
ユウ「俺がここに来たとき、いくら持ってたと思う。」
サメ「500円」
ユウ「お金持ってないと思って、馬鹿にするな。俺がそんなにお金持ってない男に見えるか」
  「俺だってそれなりにあるんだぞ」
友人「じゃ、いくらなんですか」
ユウ「5000円」
友人「5000円で沖縄くる人ってどういう神経してるんですか?」

彼からはスラングを習いました。
本当はいけないことだとは思いますが、ロンパリとかビッコとか
普通に宿の該当するおっさんを呼んでました。
本人の前では知りませんが。

サメ
好男子だが、結構抜けていて憎めないキャラ。
一コ下の大学生で、インターンをするために名護から那覇まで着て泊まっていた。
実家は瀬谷らしく近所といえば近所だった。
大学は、俺でも入れる大学はどこかありますかと聞いて決めたそうだ。
おもしろいことを言おうとしてるんだけど、ものすごい音がなる空振りをしていた。
でも、それが俺はツボにはまって、始終笑っていた。

会話例
ユウ「俺らはいつも友達んち行くときはスノーモービルだよ。」
サメ「どうやって道路走るんですか。」
俺「道路も雪積もってるじゃん」
サメ「ああ、そうか」
ユウ「サメは本当に大馬鹿だなぁ」

注)これはあくまで、残念ながら記憶の留めてる範囲です

俺がいる間に携帯と財布を順序良く失くしていた。
携帯はすぐ見つかったけど、
一緒にめしを食いに行った帰りに、皆で立ちションした時に落としていたとは。
軽く濡れていたそうです。
財布を無くした彼は、往年の名男優の迫真の演技でも見られない程、哀れな様子でした。
あまりに可哀想だったので、俺達は飯をおごってあげました。
彼は、空港職員のインターンをしていて、
俺達が、出発の5分前くらいに着いたのに
仕事の合間に搭乗口に張っていて、見送ってくれました。
かなりいいひとです。

なんか、みんなあったかい人たちでした。
ほとんどの人が、沖縄外の人ですが。
沖縄の土地柄、そういうものを求めて人が集まってくるような気がします。
社会的には問題なのかもしれないけど、
失業率が高く、所得も低いというくらい部分もあるはずなのに、かなり明るい感じでした。
国際通りには、同年代くらいなのに一人で店を切り盛りしている人もいました。
暗くて冷たくても暖かさを持ちつづける逞しさみたいなものを感じました。
posted by shunsuke at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。