2005年05月27日

年代記

この世のどこかには、人類の過去、現在、未来の全ての歴史が書かれている本があるとかないとか。
人類は、その本に書いてある通りに歴史を紡いでいるそうだ。
この年代記は、本棚に平然としまわれており、中にはこれから起こることが書いてあるそうだ。
これは、昔アメリカで実在した人が言っていたそうだ。

この話、実に肩が凝ってくる。
虚脱感を覚える。
三途の川の鬼の話の次くらいに落ちる。
石材なんかを運んでいる人がいたら足元から崩れ落ちそうなくらいだ。
超能力とか夢があるから好きな方だけど、
この話はおもしろおかしいというよりもちょっぴり真理を突いている気がした。


すべてが決められているとは仕組まれている。
作為的なんじゃないかと。
例えば、会ったことも見たこともない人を好きになることはない。
存在すら知りえない。
自分が好きなものは本当にそれが好きなのか。
みかんが好きだけれども、それは常に家に置いてあるので、
それがないということに違和感を感じる。
それが原因で、仮にそれがリンゴであったら、
リンゴを好きになっているはずだ。
実は自分が考えたアイデアは、誰かのインパクトにルーツがあったりする。
この人間の理性的な営みを作為的ととらえれば、少しは見られた話になる。
人を三次元上に球体としてプロットし、ひとつをはじく、それがぶつかる、ぶつかられた方も動き出す、ビリヤードの玉みたいに。これが、繰り返される。なかなかあたらないものもあるかもしれない。これが人間の活動を表せたりするんじゃない。

人間は考える葦だから、理性で考える。
理性的に考えると理性に仕組まれる。
決めるのは理性。決められるのもまた理性。
唯一違うのはインパクトの瞬間のような気がする。
インパクトは純な素材だと思う。

家の前は大学の農場なので、付属の小学生が植物見学に来たりする。
窓を開けていると、甲高い声だと流れてくる。
小学生の女の子が、男子に向かって「こら、一般ピープル」と叫んでいる。
この表現は大人が何万回の試行錯誤をしても出てこない気がする。
ある意味、芸術的な一言。連呼していたので、爆笑したけど。
ふと、彼女の発言は年代記に書いてないんだろなと妙に納得した。

彼女の一言が何かを変えるほどに大きい力を持っているとは到底思えない。
しいていえば、言われた男の子がひどく傷ついたくらいだ。
でも、力を持つこともある。
だから、年代記の話は半分あたっていて、半分はずれてる。
こういった、刹那刹那の美しさは、危ういけど、甘い陶酔感がある。
自分が拾った貝殻を机の上に並べて、悦に浸って見ているような。
逆に降り積もった気持ちが一念に付されることもある。
いざ、なってみるとどうってことなかったみたいな。
無駄に長い列を作って、恐怖を味あわせる予防接種。

昔、確か古文で、桜の花が咲くのを見ると悲しくて、とても喜ぶ気にはなれないと云った内容があった気がする。なぜなら、咲いた瞬間から散ることが決められている。どうして、この運命を祝うことができるのでしょうかみたいな感じだったかな。
初めは、感じ入るところがあるように聞こえたけど、実は馬鹿げてる。
喜んで、悲しめばいいだけで、全体を結果に収束させる必要はない。
悲しむんであっても、悲しんで、悲しめばいいわけで。

「豊穣の海」の良さはここにある。
マジ、名作だよ。ほんと。

理性ほどつまらないものもないと思ったけど、想像を裏切れないから。
そう考えている自分がすでに自分にだまされていたかも。
自分は理性と感性を履き間違えていたように思える。
結局行き着く先は、行動なのかな。
行動、行動、まず、行動で、インパクトを与え、貰いつづけて、
そこで、初めて思考する。
そうすると手遅れ?がいつものパターン。
だけど、笑い話にして、おしまいみたいな。
この不幸の方程式の値域が最大値を超えつつある気がする。
いや、実際ある。
ただ、まいっかっていうすばらしい言葉があって、、、、
三河漫才って、こんな感じだったのかな。笑
posted by shunsuke at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ぐだぐだ。

ルール1 いつも混んでいると思われていた病院は実は空いている日がある。
     それは火曜日。午後の始まりは予約しなくても意外と空いている。

ルール2 空いていて、薬だけ下さいと言うと、久しぶりなんで診察してったらと言われる。
     医院の売上に貢献し、特に話すこともないのに話題を自ら作る。


最近、読んだ本。
蹴りたい背中、インストール、ドンキ・ホーテ
ワタヤリサは感情表現がうまい。
言葉から感情の微妙な変化や繊細さが伝わってくる気がする。
ただ、あのピュアそうなフェイスでこんなこと書いているのにただただ驚く。
そして、蹴りたい背中の意味が自分の期待をかなり裏切ってくれたことに笑えた。
好きだけど素直に接しられないもどかしさを表現しているのかと思ったら、
本気でマジげりしたいと書いてある。
このちょっぴりの異常さが小説中に散りばめられていて、これが売りだ。
主人公が、毎朝無印で朝食を取るとか。
ある種、吉本ばななに雰囲気は似てる。
でも、吉本ばななよりもリアリティがある。
吉本バナナは、生々しいものもきれいに見えるような距離感で書かれている気がする。


ドンキホーテ
セルバンテスといえば、有名。だから、読んだ。
以前もこれと似た動機でチョーサーのカンタベリー物語を読んだ。
期待との落差にこれも笑った。
硬いと思っていたら、俗物小説に近い。普通に笑えます。
ドンキホーテも随所随所に笑える。
ただ、そのインターバルが退屈でつまらない。
そして、二度と読み返すことのない本のような気がする。
ただ、若きウェルテルの悩みといい、ちょっぴりその狂気さが理解できる今の自分って、、、
なんで、これが書かれて、名作なのか誰か教えてください。
狂気は誰にでも突然起こりうる身近なもので、こっけいでいて、やっかいで、

ぐだぐだだぁ
posted by shunsuke at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐだぐだ。

ルール1 いつも混んでいると思われていた病院は実は空いている日がある。
     それは火曜日。午後の始まりは予約しなくても意外と空いている。

ルール2 空いていて、薬だけ下さいと言うと、久しぶりなんで診察してったらと言われる。
     医院の売上に貢献し、特に話すこともないのに話題を自ら作る。


最近、読んだ本。
蹴りたい背中、インストール、ドンキ・ホーテ
ワタヤリサは感情表現がうまい。
言葉から感情の微妙な変化や繊細さが伝わってくる気がする。
ただ、あのピュアそうなフェイスでこんなこと書いているのにただただ驚く。
そして、蹴りたい背中の意味が自分の期待をかなり裏切ってくれたことに笑えた。
好きだけど素直に接しられないもどかしさを表現しているのかと思ったら、
本気でマジげりしたいと書いてある。
このちょっぴりの異常さが小説中に散りばめられていて、これが売りだ。
主人公が、毎朝無印で朝食を取るとか。
ある種、吉本ばななに雰囲気は似てる。
でも、吉本ばななよりもリアリティがある。
吉本バナナは、生々しいものもきれいに見えるような距離感で書かれている気がする。


ドンキホーテ
セルバンテスといえば、有名。だから、読んだ。
以前もこれと似た動機でチョーサーのカンタベリー物語を読んだ。
期待との落差にこれも笑った。
硬いと思っていたら、俗物小説に近い。普通に笑えます。
ドンキホーテも随所随所に笑える。
ただ、そのインターバルが退屈でつまらない。
そして、二度と読み返すことのない本のような気がする。
ただ、若きウェルテルの悩みといい、ちょっぴりその狂気さが理解できる今の自分って、、、
なんで、これが書かれて、名作なのか誰か教えてください。
狂気は誰にでも突然起こりうる身近なもので、こっけいでいて、やっかいで、

ぐだぐだだぁ
posted by shunsuke at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

ラヂオの時間

個人的には和田という名を思い出します。
わかる人だけで。

今日は木村カエラクラスの気の抜けたテンションで。
長井秀和のカエラはシュールし放題が少し受けている。
確かにシュールだ。

自分は無類のメディア好きである。
テレビがなくては生きていけない人達がアンチライブドア運動を始めたらちょっぴり加わってもいいかなとも思ってる。
別にテレビだけが好きなわけでなく、新聞もポスターもネットも電車の中の高校生のありきたりな話まで大好きである。
盗み聞きの趣味はありませんのであしからず。

要するに情報大好きである。
地球の反対側のおよそ影響を受けることのない情報でもあると言われれば知りたくなってしまう。
イースター島の左から三番目のモアイ像は昨日、目ん玉が書いてあったそうですみたいなものでも。

最近、ラジオをながしっぱにすることが多い。
人生で初めてラジオというメディアにどっぷり浸かっている気がする。
オールナイトニッポンという言葉には少し惹かれていたこともあった。
たまに話をする人がいて、話が流れてきてそんなおもしろいのかなと興味をそそりもしたけど、俺の腰の漬物石並みの億劫さが勝ってしまっていた。

もちろん、車の中で流すなどはよくあったが。
ずっと、映像がないなんてつまらないじゃんと思っていたので、敬遠しがちだった。

だってさ、ラジオのDJが○○さんがゲストで来てくれました。
ヒューヒュー、お、イケメンですね。なんて言う。
そうしたら、人間の心理としては、
小石を池に投げたら波紋が広がるのと同じで、
顔はどんなんだと思ってしまうよね。

さらに、チャンネルを変えるのではなく合わせるというアナロジーなルールが今日の技術進歩の寵児である自分としては、はぁ〜って、感じだった。
気の抜けた三ツ矢サイダーを、炭酸好きでしょ?
みたいな感じで出されたとき。
まあ、口に出して言いませんが。

でも、ラジオはおもしろいことに気づいた。
家の関係上ニッポン放送の入りが悪く、オールナイト日本は聞くことはできず、JウェーブとFM横浜を中心に聞いている。

番組は二人組みのペアか一人のDJで構成されることが多い。
二人組みの場合、男女ペアが普通である。
この二人の関係性がまたおもしろい。
友達感覚で展開させていくペア、一方でやたら男のDJが女性DJにダメだしするペア。後者にいたっては、おまえら仲良くねぇだろうみたいなことさえ感じます。トークの展開が十中八九冷静な女性DJを偏った男性DJが叩きまくって終わりみたいな。そんな感じ。ちなみにJWAVEです。

そして、距離感が近い。
馴染みのある人物の意外な一面を発見させられることが非常に多い。
さらに双方向性。
個人個人の話をあんなに聞けることもないでしょう。
うんうんと頷くものから、後ろから流れてくる音声に手をかけられ思わずびくっとしちゃうものまで。

ラジオ、萌えですね。

最近読んでいる本について書こうと思ったけど、ほかのことを書いてしまった。
posted by shunsuke at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

同質性を求めるひとたち。

同質性を保つ価値観が常識だけになろうと刻一刻と迫っていると思う。
それどころか、常識の一部さえも崩壊してしまっている。
バブル崩壊がもたらしたのは、経済低迷だけでなく、価値観の変容をも促した。
自分史を振り返っても、メディアを中心として言われていることが、子供の頃と今とでは大きく違っている。
顕著な例が、犯罪の多様化、多発化である。
殺人件数は確実に増えていると感じる。
事故の不満や不平も大きく個性と捉えるならば、以前はこれが社会の日の目を見ることはあまりなかった。
画一的で全体的な道徳基準が常識として、誠しまやかなある種の絶対的な権限を持ち、押さえ込んでいた。また、そういった下での関係性は密であり、関係性の抑止力が働いていた。
そして、いつしか自分の考えなどと云ったものはまるでなかったかのような状態にさえも社会全体が陥っていた。
でも、最近はこの権限が奪い去られてしまった。
協調性一辺倒といった中心概念が崩れた。協
調性と個性との均整が求められるが、それは釈然としない。
明確な基準は少なく、未だに旧来に対して新しい価値観が戦いを挑んでいて、勝とも負けとも言えない態を呈している。
さらに、この一つの価値観の崩壊が他の価値観にも影響を与えた。
かくして、個性を覆っていた殻は破られてしまった。
個性は何をもたらしたか。

ひとつに思考をもたらした。
人生安全神話が通念上担保されないことが確実になった。
これは従来の行動体系にイノベーションをもたらした。
転職や自己実現を踏まえてのキャリアアップなどがそうだ。

もうひとつに同質化の欲求が生まれた。
常識が崩壊しつつある人々をつなぐ鎖は糸切れに近い。
また、個性化することにより衝突が生じる。
このような状況では、規範が個人思考に委ねられても不思議ではない。
最近の事件で、ホームで化粧をしていた女性を注意した中年女性が電車に突き飛ばされた。
明らかに規範の差がある。
しかも、加害者はとても特異なタイプの人間には思われない。
彼女と中年女性の衝突は上記の例の範疇だろう。
ただ、事件レベルまでは行きすぎとも言えなくもない。
だけど、絶対的な中心概念が崩壊したことにより、ほかの価値観のたかが揺るんでしまって、はずれやすくなっている。
なぜか、普通の人が犯罪の加害者になっている。
加害者というと本来異常だ。
加害者は犯罪意識が生まれやすい環境にあっただなの。
本人に犯罪を負わせる考えに成りがちだ。
しかし、本当にそうだと言い切れるんだろうか?
最近の犯罪はそうでないものが多い。

このような同質性が失われ、衝突が生まれる現状において、不安を感じる人は多いに違いない。
彼らは、失われた連帯感を求めるために同質性を求めている。
つながるためにつながる理由を。
ファッションとは無縁だけど、以前考える機会があった。
50年代から80年代の流行はおもしろい。
ニュートラ、浜トラ、たけのこ族、からす族、紺ブレ。
近い頃だと、ルーズソックスや厚底。
この頃までは、流行が一体化していた。
今は、流行は静かなものになっている。
例えば、B系と呼ばれる人達。
ダンスを趣味としているので服装も合わせる。
彼らがビトンのバッグやエルメスのトートバッグなどはもっていない。
一方で、ギャル系は派手で露出気味な服装がある。
他にもアメリカンカジュアルやキレイ目系、さらにはアキバ系など。
大きくカテゴライズされている。
ファッションの流行は、各々のグループの中では浸透していくが、他には伝達しにくいだろう。
このようにある程度集団化することで社会的な孤立感や不安感を取り除いている。
この集団だけの常識が生まれ、これが従来の常識に代わり同質性をもたらしている。


また、ぎくしゃくしてるけど、直すの面倒だから寝よう。
まあ、若者はそれでも共通項がもともと多いからまとまる可能性も高いけど、それより高い人達はさらに環境面でも多様化してるから、どうなの?みたいな。でも、風潮としては、個性観に根ざした集合が生まれていきそうですね。
まあ、趣味に限らず、いろいろあるけど。趣味的なものが一番力が強そうなのかな。
to and froだ。
posted by shunsuke at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。